« 2010年5月 | トップページ

2010年6月

2010年6月 2日 (水)

無法地帯 ザ・○○島

先日、とある島へ行きました。

仕事で、電話でしか話したことのないお客さんの所へ行ったんですけれども。

場所は…
そうですねぇ、「瀬戸内海」とだけ言っておこう。

島民の方々は、そのほとんどが漁師さん。
某港から、小型汽船でおよそ30分の所にあります。
出発前から、ちょっとわくわく。まるで小旅行気分。
待合所には、おそらく「二十四の瞳」で有名なあの島へ行くであろう年配の方々がわんさか。

『のどかだなぁ…』

ただそう思っていました。

が!

島へ着いた瞬間に目撃したのは、
ノーヘルで原チャにまたがる若者!
ああ、こんなところにも、と複雑な思いを…

していたのもつかの間!
よく見れば、大人も子供も、おじいちゃんもおばあちゃんも、

みんなノーヘル! 二人乗り!

たまにメットをかぶったお母さんがいるなと思ったら、
後ろに乗ってるお子ちゃまはノーヘル!

ここは日本か!?

ちょっとした衝撃だったので、訪問先のお客さんに聞きました。
そしてわかったこと。

・この島では、ヘルメットをかぶる人の方が希少。
・島には一人だけ駐在さんがいるが、取り締まろうとしない。
・でも、たまに本土の管轄所から警察がやってきて一斉に取り締まる。
・今日も、みんな捕まったらしい。

「はあ、やっぱり捕まるんですね…」
「そらそうや」

お客さん、笑ってました。

「本土から来た人には、ベトナムみたいって言われるけどな」

って…

そらそうや!

そう言えば、7年ほど前に一度だけ行った沖縄も、
外国のように感じた記憶があります。
(路傍におばあさんが鈴なりに座っているところとか特に)
島って、みんなこうなのか知らん。

これはいろんな島に行ってみるっきゃ、ないでしょ!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ