« 2009年12月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月25日 (火)

プロセス → RESULT

結果が全て。かといって、過程軽視ではない。

苦労して生んだ結果も方向違いであれば、過程を端折ったと見なすのは当然。

そこにどんなプロセスがあったのか、語っても遠吠え。

異なる結果を導くために必要なのは、異なる滑走路。

でも速攻で車線変更したら、

今までどこをほっつき歩いてたのさって、そりゃあ言いたくもなるよね。

答えを知りたいのは必ずしもカンニングではないけれど、

同じ理論で料理したらばたいていおんなじ味になっちゃうから。

メニューだけ決まったらあとは自分で探すよ、って言いたいけど、

突き抜けたゲートはどこがゴールラインかわかんないし、

はじめから併走していたなら、

ひとりで最高の記録を出すよりもっと深く高い達成感がきっとあるんだろうって、

そういう風に思うし、そういう風にしたいんだけれども、

おおきな波の引き際は足元の砂をものすごい勢いでさらっていくのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年6月 »