2010年6月 2日 (水)

無法地帯 ザ・○○島

先日、とある島へ行きました。

仕事で、電話でしか話したことのないお客さんの所へ行ったんですけれども。

場所は…
そうですねぇ、「瀬戸内海」とだけ言っておこう。

島民の方々は、そのほとんどが漁師さん。
某港から、小型汽船でおよそ30分の所にあります。
出発前から、ちょっとわくわく。まるで小旅行気分。
待合所には、おそらく「二十四の瞳」で有名なあの島へ行くであろう年配の方々がわんさか。

『のどかだなぁ…』

ただそう思っていました。

が!

島へ着いた瞬間に目撃したのは、
ノーヘルで原チャにまたがる若者!
ああ、こんなところにも、と複雑な思いを…

していたのもつかの間!
よく見れば、大人も子供も、おじいちゃんもおばあちゃんも、

みんなノーヘル! 二人乗り!

たまにメットをかぶったお母さんがいるなと思ったら、
後ろに乗ってるお子ちゃまはノーヘル!

ここは日本か!?

ちょっとした衝撃だったので、訪問先のお客さんに聞きました。
そしてわかったこと。

・この島では、ヘルメットをかぶる人の方が希少。
・島には一人だけ駐在さんがいるが、取り締まろうとしない。
・でも、たまに本土の管轄所から警察がやってきて一斉に取り締まる。
・今日も、みんな捕まったらしい。

「はあ、やっぱり捕まるんですね…」
「そらそうや」

お客さん、笑ってました。

「本土から来た人には、ベトナムみたいって言われるけどな」

って…

そらそうや!

そう言えば、7年ほど前に一度だけ行った沖縄も、
外国のように感じた記憶があります。
(路傍におばあさんが鈴なりに座っているところとか特に)
島って、みんなこうなのか知らん。

これはいろんな島に行ってみるっきゃ、ないでしょ!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

プロセス → RESULT

結果が全て。かといって、過程軽視ではない。

苦労して生んだ結果も方向違いであれば、過程を端折ったと見なすのは当然。

そこにどんなプロセスがあったのか、語っても遠吠え。

異なる結果を導くために必要なのは、異なる滑走路。

でも速攻で車線変更したら、

今までどこをほっつき歩いてたのさって、そりゃあ言いたくもなるよね。

答えを知りたいのは必ずしもカンニングではないけれど、

同じ理論で料理したらばたいていおんなじ味になっちゃうから。

メニューだけ決まったらあとは自分で探すよ、って言いたいけど、

突き抜けたゲートはどこがゴールラインかわかんないし、

はじめから併走していたなら、

ひとりで最高の記録を出すよりもっと深く高い達成感がきっとあるんだろうって、

そういう風に思うし、そういう風にしたいんだけれども、

おおきな波の引き際は足元の砂をものすごい勢いでさらっていくのよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

剣玉

公式剣玉が欲しい。かなり前に明石のトイザらスで見かけて以来、探していた。どこにでもあると思ってその時は手を伸ばさなかったけど、めっきり見かけなくなってしまった。もとより、生活環境が変わったために、剣玉を売っているような場所から遠ざかったせいだと思う。あえてそのためにそこへ行こうとしなかった、それだけのような気もする。

ラジコンと一緒に、念願の剣玉をもらった。

これは、ハマる…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月27日 (日)

ラジコン

サンダーショットとティレル。

実家には、電動ラジコンが2台眠っている。といっても中の装置は1式だけ。オフロードとオンロード、その時の気分で載せ替えて走らせていた。当時は何も見ずに分解/組立ができたけど、とっくに忘れてしまった。バッテリーを8時間充電して、走るのは7分。上級生が持っていたエンジンカーに憧れた。

田宮のアバンテが珠玉のラジコンとして君臨していた頃、ミニ四駆にはまっていた。少し成長してラジコンのサンダーショットを手に入れた頃、イグレスの名はは超高級品に聞こえた。エンジンカーも同様だった。いつか大人になったら、絶対にエンジンカーを手に入れてやる。走思っていた。

実際に大人になってバイクに乗るようになると、そんなことは忘れていた。何年も経って思い出したとき、ラジコンは簡単に手が届く値段まで下がっていた。

プレゼントに、ラジコンヘリをもらった。そのお手ごろな価格にびっくりした。

ヘリが飛ぶ。テンション上がる上がる。大きなラジコンヘリが欲しい。ラジコン飛行機も欲しい。エンジンのやつがいい。練習してレベルアップしよう。うん、そうしよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 9日 (水)

モ○○ラ○の…

仕事柄、中国へ行くことが度々あります。もっぱら上海周辺ですが。

中国と言えば時にあちら方面のあれやこれやが話題になりますが、

そこはやはり工業国、作ってるものは本物です。

本物の革、本物のアルミ、本物のガラス、などなど。

彼らも言います。革、本物。名前、ノーブランド。

文具好きな私は、モンブランに反応してしまいます。

本物の革のモ○○ラ○、買いました。

本物好きのあなたには、上海科技館の地下街がおすすめです。

(21:00前に軒並み終業していきます。)

上海の中心、テレビ塔のあたりから、タクシーで20分強くらいかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年10月12日 (月)

古き良きモノたち

昔から物持ちが良いというか、捨てられない性格というか、一度使い始めたモノは、使い物にならなくなるまで使い倒す性質なのです。物事に対する執着心は強くないほうだと思いますが、要するに新しくするのがめんどくさいのか知らん。

そうして使い込むうちに愛着が湧いてきて、壊れたときには同じものを調達する、というサイクルを繰り返しています。しかし、さすがに旧式だけあって、その頃には生産や販売を中止していることもしばしば。

思えば、同じようにして泣く泣くニューバージョンに切り替えたものは数知れず…

たとえば、三恵チェリカのボンサック、Levi'sのブーツ、PUMAの赤いスニーカー、などなど、例えれば際限なく…

そして今回加わったのが、「MDデータ」。いわゆる”音楽用MD”とは異なり、パソコンなどのデータ記録用の特殊なもので、ぼくはこれを、録音用機材で使用しています。

過去には楽器屋でも普通に販売していて、しかし、かなり前から店頭で品薄になっているのを感じていたのですが、昨日、久しぶりに買いに行ったらもう売ってない! 大きな電気屋に行って聞いてみても、店員がMDデータというものを知らない! 年配の店員さんを選んで聞いてようやく、店頭にはないことがわかりました。

まだインターネットショッピングでは取り扱いがあったので早速手配したけれど、そろそろ世代交代の時期かなあ… 使い慣れた機械なので、大変に惜しいけれど…

まあ、「次世代の」録音機材の価格が下がってたので、こっちに乗り換えようかなっと!

(値段が下がるまで待っていることが諸悪の根源とは言わせない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

水に浮かぶひととき

そんなこんなで、この土日は実家に帰っていました。

カブも好調、バイクも好調! 天気も涼しく爽やかで!

だから、明石公園に行きました。近くの高校に通っていたので、

毎日のように付近に出没してはいましたが、ボート池まで行ったのは20年ぶりか。

桜が綺麗なんです、その季節には。桜並木の印象ばかりがありましたが、

秋口に歩くのもなんだか懐かしく。

ボートに乗りました。30分600円。意外と、神戸市内を探しても、

ボートに乗れるスポットは少ない、かも?

ご存知の方がいらしたら、教えてください。近所でボートに乗れるところ。

張り切りすぎて、背中が筋肉痛です。が、鍛えたいので!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

休日の過ごし方

前職時代、基本的に休みは平日。

音楽を聴くかギターを弾くかバイクに乗るか本を読むか。

日記はつけてないけど、だいたいそんな日々。

こまかな雑用がたまってても、走り出したら止まらない。

実家からのツーリングコースは、北へ向かうか西へ向かうか。

東は街なので、快適には走れない。

西へ行く時、盆でもないのに祖父母の墓参りに行ったりした。

その近くには「るり寺」というお寺があって、野生の猿を餌付けしている。

そして現職、休みは土日。ほとんどが稽古に明け暮れる。

舞台の狭間のこの夏に、久しぶりに行きたいな~と思っていたけど、もう秋が始まる。

秋になれば、猿は山にこもるでしょう。

学生時代は、箕面の猿山近くへ通った。

ぼくは西の猿山からやって来て、

20代までのほとんどの時を、東の猿山までの範囲で過ごした。

西へ向かう時には襟を正す。

本格的な秋までに、るり寺の猿に会いに行こうかしらん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 9日 (水)

寒い

冬から春へはテンションが上がるのに、夏から秋はなぜだか寂しくなるの。

ああ、なぜかしら、なぜかしら。

でもこれからがバイク乗りにとって絶好の季節!

夏前にタイヤ前後輪&バッテリー交換して完璧にしたのに、

夏には乗る時間がなかった!

遠くへ行こう、そうだよね! 城崎とか! 温泉!

| | コメント (2)

2009年9月 6日 (日)

ブログ始めます

日々の諸々にお付き合いください。

| | コメント (1)